HOME > よくある質問

よくある質問

よくある質問

以下の質問をクリックすると、選択した質問とその回答が表示されます。

よくある質問と回答

Q1.新卒採用者の内、女性の割合はどれくらいですか?

新入社員の男女比は以下の通りです。
ヒルトン大阪では、女性が働きやすい職場環境作りを心がけており、女性の管理職も活躍しています。

新卒採用者 女性の割合

このページの先頭へ戻る

Q2.既卒者の採用はありますか?

はい。キャリア採用として募集しています。詳しくは、こちらの求人情報のページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る

Q3.海外の大学を卒業した人の採用はありますか?

はい。新卒採用とキャリア採用として募集しています。

海外からのお客様が多く利用されるので、海外留学などで得た知識や経験を活かすために就職先として興味を持たれる方は、毎年増えています。国内外の大学を問わず幅広い知識とホスピタリティ溢れる方に是非ご応募していただきたいと考えております。

このページの先頭へ戻る

Q4.採用時に高い語学力(英語力)は必要ですか?

採用時点では、語学力よりも魅力ある人間性、知識、経験を重視しています。面接及び試験時においてその魅力を十分に表現してください。英語力に関しては、入社後に様々な研修を通して学んでいただけます。

このページの先頭へ戻る

Q5.育児休暇は取得できますか?

はい。多くの女性が長く安心して働けるような職場環境作りに努めています。
育児休暇も法定通り取得でき、実際に活用されています。

このページの先頭へ戻る

Q6.海外への異動はありますか?

いいえ。原則として、弊社(ヒルトン大阪)以外のヒルトングループホテルへの異動はありません。ただし、他の国内外のヒルトングループホテルへの異動を希望できる公募制度を設けています。

このページの先頭へ戻る

Q7.人事異動はどのように行なわれますか?

ヒルトン大阪では、主に以下の2つの方法で人事異動が行われます。

1. 能力開発評価
ヒルトン独自の人事考課システムです。
この人事考課面談や評価をもとに将来のキャリアプランや異動希望を伝える機会を設けています。

2. 社内公募
社内公募にてヒルトン大阪及び国内外のヒルトングループホテルの求人を募集しています。

このページの先頭へ戻る

Q8.研修プログラムは、ありますか?

はい。トレーニングの充実さが世界でも高く評価されているヒルトンでは、たくさんの研修プログラムを実施しています。ヒルトン大阪にも以下のような研修プログラムやその他多くの研修プログラムがあり、社員の育成に力を入れて取り組んでいます。

>> ソムリエセミナー
>> 英語プログラム
>> ヒルトンユニバーシティー
>> コンピュータートレーニング

このページの先頭へ戻る

Q9.入社前にやっておくべきことは? ~新卒の皆さんへ先輩からのアドバイス~

体調の自己管理
ホテルは、24時間365日営業しており、夜勤のシフトなどもあります。不規則なシフトにも適応できるような健康管理能力が求められます。日頃から自分の睡眠リズムやリフレッシュ方法などを意識しながら体調には十分気を配ってください。

目的意識を持つこと
就職するにあたり目的を設定し、自覚することは、非常に大切なことです。就職後は、3年、5年、10年後の目標を持って仕事に臨むことが求められます。仕事に対する価値観も目的意識を持つことで変化していくので、早い時期にその習慣を身に付けましょう。

しっかり遊ぶこと
就職すると今までのように自由に使える時間が少なくなります。悔いの残らないよう、しっかり学生生活を謳歌して下さい。ただ、自由な時間であっても未来の“ホテリエ”としての感性を磨く体験をして下さい。例えばレストランで食事される時にどのようなサービスが提供されているか、メニューは工夫されているか、食器や食材はどのような物を使っているか、季節感や盛り付けなどの演出はどうか等、少し視点を変えると“ホスピタリティ”が違って見えてきます。色々な感性やアイデアを持ったあなたをお待ちしています。

このページの先頭へ戻る

Q10.知っておくと役立つことは?

ホテルを利用されるお客様は、異なった文化・国籍・目的をお持ちです。そのため、サービスもそれぞれのお客様に合わせることが求められています。サービス基準の枠にとらわれない一歩先のサービスを提供するためには、一人ひとりのユニークな個性や感性が必要不可欠です。

だからこそ、言葉遣いやマナーを含め一般教養を高め、コミュニケーション力を養い、何事にも興味を持ち、たくさんの経験をすることが大切です。ホテルに直接関係のないようなスポーツ、ファッション、トレンド、宗教、異文化、社会情勢等の話題であっても、興味を持って経験や知識を深めることで、一人ひとりのおもてなしに更なる価値を与えられるのです。

そのような小さな積み重ねが「えっ!そんな心配りもしてくれるの?!」という驚きと「ヒルトンモーメント」という感動を生み出すのです。まずは、何事にも興味を持ち、発見と驚きを体験してみて下さい。